西天満の「もうあかん やめます!」と掲げて20年以上営業していた「靴のオットー」が2月20日で閉店するようです。

↓こちら
30

閉店を匂わす言葉を掲げながら、なかなか閉店しないお店って大阪にはいっぱいあるのですが、そんな元祖のお店かもしれないのがこの「靴のオットー」。そのお店が本当に閉店すると昨日(1月24日)の産経新聞の朝刊に掲載されていたので間違いないと思います。

↓昨日の産経新聞の記事。こちらの見出しにも「ほんまに閉店」の文字が…。

44
新聞の記事によると、店主の竹部さんが昭和52年に店を開き、当時としては珍しいディスカウント方式を採用し、靴底の厚みで身長が高く見えるシークレットシューズを扱って人気になったそうな。
しかしバブルがはじけ客足が激減したことから、平成5年ごろ「もうあかん。どないしよう」と不安でいっぱいになったとき、ふと「ありのままの思いを、垂れ幕にしてみたら」と思いついたのが「もうあかん やめます!」の垂れ幕だったそうです。

51
ネットで「靴のオットー 閉店」で検索すると閉店に関するニュースがいっぱいでてきて、話題になってることがわかります。ツイッターでも「笑わせてもらったお店だけに少し悲しい」など悲しむ声も多数ありました。

57

過去には「いや、やっぱりやります!」って「どっちやねん!」とツッコミを入れたくなるような垂れ幕もあったみたい。小さくどっちやねんセールとも書いてます(笑)

閉店の理由は店主の竹部さんの体調不良による為だそうで、現在、店頭に立っているのは有志の方だなんだとか。

実は靴のオットーはネットショッピングサイトを持っているそうで、閉店後はそちらで靴の販売をしていくそうです。 
74歳の店主がネットショップをやっていたこともビックリですが、ほんとにほんとに2月20日で閉店となってしまうのか、それもまだ信じられません(笑)。


↓公式サイト
13
シューズ - オットー・オンラインショップ
 

↓地図ではこちら。住所は阪市北区西天満6丁目1−15です。